災害時だって狙われてる!日頃から防犯意識を

今年は自然災害が多く起きてます。

omakase_0925_donou.jpg

被災された方々には心よりお見舞い申し上げる次第です。

 

「火事場泥棒」という言葉があるように、みんなが困っている災害時に付け込んでくる悪い人がいるのも悲しい事実です。
警察庁の犯罪情勢によると、未曾有の災害であった東日本大震災では混乱に乗じて相当数の犯罪があったそうです。

 

omakase_0925_kinnko.jpg

 

一番多い災害時の二次被害、それは空き巣です。

命からがらに逃げるのに必死な中、施錠をして逃げることは難しいでしょう。

 災害時には警察も他の優先事項を抱えて防犯能力が低くなります。

 空き巣にとっては好条件となってしまうわけです。 



普段から家の防犯レベルをあげておくことは非常時にも有効です。 

また避難所での盗難も多く報告されております。

 出来るだけ大切なものを持ち出して避難所へ向かっても、それらが盗まれてしまっては意味がありません。

 

omakase_0925_kagi.jpg
災害時の防犯対策として、平時から備えておくことが重要です。

・ピッキングされにくい鍵に替えておく。 

・二重ロック化しておく。 

・貴重品は金庫などに保管しておき、外から見える場所には置かない。

 ・防犯ブザーを携帯する。

 ・避難所での持ち物には全て名前を記入する。 


災害はいつ起こるかわかりません。

 防犯対策「何かしなきゃ…」ではなく「出来ることから始めよう」に意識を変えることが 第一歩です。

 
防犯対策に不安を感じたら、当店までどうぞお気軽にお問い合わせください。