高層階でも油断は禁物!クモ男の侵入窃盗にご用心

今年の夏、マンションの外壁をよじ登り、ベランダから室内に侵入する手口で窃盗を繰り返したとして、大阪市西成区の無職の男(76)を窃盗容疑などで逮捕されるというニュースが流れました。

男の通称は「元祖クモ男」…。

omakase_1025.jpg

50年ほど前から同様の犯罪を繰り返していたと言われる彼は、捜査員の間で「クモ男」と呼ばれていました。
クモ男にインタビューした取材班。

 

Q 「なぜ1階や2階ではなく、わざわざ上の階を狙うのか?」

A 「マンションの高層階は、窓の鍵をかけていない部屋が多いから」「以前高層階に住んでいたときに、鍵をかけたことがなかったから」


マンションの高層階の住人は、「まさか外から侵入されることはないだろう」と油断し、

窓の鍵をかけていない部屋が多いから狙ったと供述しています。

 

omakase_1025window.jpg Q「道具も使わず、どうやって登った?」

A 「ベランダの仕切り板に足をかけて、柵とか雨どいを掴めば簡単に登れる」


最も高いところでは20階まで登ったというから驚きです。
では、クモ男に対抗するにはどうすればいいのか。

 

 

窃盗犯である本人に最後の質問です。


Q 「あなたのような窃盗犯に気をつけるにはどうしたらいい?」

A 「窓を開けて寝ない方が良い」「侵入に手間がかかる部屋は避けていた」


窓を締めている時は当然鍵をかけられますが、開けていても鍵をかけられる補助鍵をつけると防犯効果があがります。
窃盗犯の7割は侵入に時間がかかると諦めるといいます。

1つの窓に2つの鍵をつけることが有効です。


また人の動きを感知して点灯するセンサー付きライトも、泥棒の心理を動揺させ、この家は止めておこうと思わせることが出来ます。

 

omakase_1025spider.jpg

クモ男はこう言ってます。

「クモ男は全国にいる。どこにでもいる。」

 

 


留守中、就寝中の防犯対策/その他の総合防犯/セキュリティは、当店までどうぞお気軽にお問い合わせ下さい。